「私、本気で人生を変えたい!」ならば家庭の中の悩みと役割を見直そう!(前編)

family-932245__340

昨日のブログに書いた、

自分と向き合うワークは

実践して頂けましたでしょうか?

「苦手だなぁ」

と思っている人のなかに、

自分を成長させる資源はいっぱい詰まっています

baby-428395__340

読者様の中には、

家族との関係が思い浮かんだ方も

いらっしゃると思います

 

そこで今日からは、

最初の社会性を育む

家族との関係性に眠る

思考の癖はどのように作られていくのか

少し深く掘り下げていきます

そもそも、なぜ家族なの?

 

人は幼少の頃に育んだ価値観、行動パターンを土台にします。

皆様は「狼に育てられた子」のお話をご存知でしょうか

 

親から捨てられて、

オオカミの元で

7年間過ごした姉妹の実話です

オオカミに育てられたことにより、

保護され、養育される過程でも

  • オオカミの遠吠えはするが、言葉を発すること、覚えることもがなかった

 

  • 人との関わりから、思いやりなどの情感も習得しなかった

 

  • 四足歩行を基本のモデルとして育ったので、二足歩行が可能になるまで数年かかった

 

  • 昼夜逆転の生活パターンであった

 

という報告が上げられた話です

この事例は極端ですが、

私達は幼い頃に見たもの、

聞いたもの、触れたものを

土台に振舞い方を模倣して

人間的な行動を習得していきます。

”子どもが社会や他者との関わりに関して

適 切な認識をもつことは

乳幼児期から徐々に形 成されていく。

日常生活の営みには

実に多く の手順や方法が含まれており、

習得のプロセ スには

家族などの身近な人々の

言動を模倣す ることから始まり、

次第にその対象を広げて いく。”

(高玉 和子 駒沢女子短期大学 教授

「子どもの社会性を育てる保育とは何か」より)
http://www.jfecr.or.jp/cms/zaidan/publication/pub-data/kiyou/h23_40/2-02.pdf

 

幼い頃に触れた環境が、

私達の土壌で、私達が種であり、芽なのです

家族から何をどういう風に学ぶか?

厳格なルールがある緊張感がある家庭の場合

例えば、あなたを女性と仮定し、

父親から胡坐(あぐら)をかいてはいけない

 

と厳しく言われたとします

ここからあなたは幼いながらも、

そこから価値観や

自分があるべき姿を想像します

きっと、

女の子は人前で気を抜いてはいけない

とか

女性らしい振る舞いをしないと怒られる

と感じるでしょう

bullying-3089938__340

「●●がだめっていうから

やらないほうが良いのかなぁ。。」

 

自分の意志のもとに行動するのではなく、

父親のモラルに沿って

自分の選択を決めていることがわかりますね

家庭に厳格なルールがあまりない家庭であったら

 

これ、といった、

厳格なルールや言いつけがない場合はどうでしょうか

ルールをあらかじめ決めるのではなく、

何かあった場合は家族みんなで話し合い、

お互いの意見を交換し合うという

場があると仮定した場合のお話です

family-932245__340

自分がどうしたいか

家族とどうありたいかを一緒に考えることで

「自らが何らかの目的に対してどうしたいか考えること」

が行動パターンの一部となります

 

自分自分軸で幼い頃から考えることができるのです

家庭内での活発なコミュニケーションは

子供に一人の人間として考えるという

家族からの信頼感に繋がり

ゆくゆくは自分自身のことは

自分で決めることに繋がります

 

まとめ

●家庭は人の基礎的なふるまいを

インストールされる場

●家庭内での厳格なルールや言いつけは、

思考パターン、行動パターンを決める基準となる

●厳格なルールが特になく、

話し合いの場を持つ家庭の場合、

自己信頼感を育む機会に恵まれる

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です