「私、本気で人生を変えたい!」ならば家庭の中の悩みと役割を見直そう!(後編)

soccer-3311817__340

はじめに結論から言います

 

このブログをご覧になっているあなたは、

自分の何かしらを変えたくて

このページを開いていらっしゃると思います

 

はじめから結論を言います。

あなたは変わる必要はありません

。。。はい?

と思われたかと思いますが、

そうなのです。

あなた自身は全く変わる必要なく、

あなたがあなたのままで、

個性を最強に伸ばしていけばいい、

ということが今回私が述べたいことです

ただし、あなたの個性を最強に伸ばす為に、

あなたの「個性の捉え方」に

働きかけていただく必要があるかもしれません

 

私が言わんとしていることは、

あなたはあなたのままで、

十分素晴らしい、ということです

あなたはあなたでいい

こういうことです

 

過去の記事で人間は家庭で育んできた

役割があることをご紹介しました

ぜひその役割を振り返って、捉えなおして、

あなただけの最強の個性、特性として

誇らしく生きて頂きたいと思っております

 

それでは具体的に、

自分が育んできた役割をどう個性として捉えるのか?

をご紹介していきます

 

自分の役割=その人の優れた特性としてしまう方法

役割からあなたの長所を抽出していきましょう

中編で、以下の役割があることをご紹介しました

  1. 優等生
  2. 問題児
  3. 忘れられた子
  4. 道化師
  5. お世話焼き

それではそれぞれの特性に合わせて、

どのような特性を持ち

それが長所となりえるか見てまいります

優等生

特性:何もかも完璧にこなそうと必死に努力する。

優秀ないい子でいることで評価されようとする

優れた個性:勤勉な努力家、完璧を求める几帳面さ

 

問題児

特性:家でも学校でもトラブルを起こし、

攻撃的にする舞うことで、自分の存在を主張する

優れた個性:既存概念にはまらない、勇気と行動力がある

 

忘れられた子

特性:隅っこでそっと息を潜め、

自分が傷つくことから自分を守り、自分だけの空間を確保する

優れた個性:自分が他人から傷つかない境界線を引くことが上手、

イメージ豊かな芸術タイプが多い

 

 

道化師

特性:おどけた態度や可愛いしぐさで、場を和ませる。

みんなに笑ってもらおうと、いつも気を配る

優れた個性:ユーモアがあり、人を和ませることが得意。

細かい心配りなど、周囲への観察眼が鋭い

 

お世話焼き

特性:自分のことはいつも後回しで

ひたすら周囲の面倒を見てしまう。

他人の痛みを自分の痛みのように感じるので、

困った人がいるとほうっておけない

優れた個性:神経が細やかで、献身的。

他人の心情に深く配慮することが出来る

 

 

いかがでしょうか?

 

ちなみに私は問題児と優等生の両方の特性がありました。

どの特性も、自分が家庭の中で

自分自身が家族から受け取ってきたメッセージを元に

「作られたもの」です。

自分でいいと思って選んだのではなく、

気がついたら、自分の中に「あった」ものです

 

 

行動の結果、私達の行動パターンや思考パターンの中に

特性として生じてきたものです

 

どれも、唯一無二の

あなたという存在を彩る素晴らしい特性です

 

特性を今の人間関係に反映する

それでは、この身につけてきた役割が

実際どのように私達の人間関係に結びついているのか、

見ていきましょう

家族関係をチームスポーツに置き換えてみる

あなたにとって、最も身近なチームスポーツはなんですか?

そのスポーツに、それぞれ家族がいつもこなしている役割と重ねて、

ひとり一人のポジションを当てはめていきます

 

例えば、私にとってはサッカーをよく家族と見に行くので、

サッカーのプレーヤーにひとり一人の家族を当てはめていきます

soccer-3311817__340

わが道を行くけれど、

ちゃっかり背中でゴールへの近道を教えてくれるトップ下は姉

 

いつも我関せずと振舞いながらも

さりげなくプレイに必要な空気感を

作り出しているミッドフィールダーは弟

 

わが道を行く姉と弟に挟まれながら

家族をその場その場でサポートして

必要なときに調整役になるミッドフィールダーは私

 

一人一人のクッション役で、

何をするにも存在自体がありがたいディフェンダーは母

 

ゴールを達成する決め手となる判断力は抜群、

フォワードは父

・・・という感じです。

 

例えば、あなたがチームプレイをして、

どのように家族から役割を求められているでしょうか

 

その役割が家庭の中で必要であったから、

きっとあなたの中に存在しているのです

 

あなたの役割が明確になったら、

その強みを今度は家族外の人間に対して

活かしてあげることもできますね

water-fight-442257__340

家族メンバー間それぞれに対して自分の見方を整理してみる

上記で、家族の全体像とお互いのかかわり方が

すこし見えてきたと思います

 

ここで、あなたと、家族ひとり一人が

どのように関わっているか見ていきます

 

以前の記事

「ポジ思考になりたいあなた!

なにより、人生を変えたいあなた!

あなたと家族の関係に大きなヒントと宝が眠っています!

で、ご紹介したとおり、私達の家族への振る舞いは

そのまま周囲の人間関係に表現されていることが多いです

私の場合は、姉への向き合い方が、

そのまま職場の人間関係に繋がっていることに気付きました

 

自分と一人一人のかかわり方を振り返ることで

どのような行動パターンや思考の癖が

あなたの中に身についているのか、

より詳細に明確になっていきます

質問1 ●●(例:あなたの父親)の尊敬する部分、

頼りたい部分は何ですか?、また、それはなぜでしょうか?

 

例えば、家族一人一人の尊敬する部分に焦点を当てて、

「こんな行動を出来る●●はすごいなぁ」

など思うこと、を書き出していきます

 

また、その●●の特性はなぜ、

あなたにそのように響いたのでしょうか

思ったときの感情も観察しながら、考えてみてください

 

質問2-1 ●●(例:あなたの父親)に、

もっと頼りにしてほしいことはなんですか?

●●にとって、私のこんな部分を役に立ててほしい、

と思うものを書き出します

 

質問2-2 それはなぜ今、そうなっていないのか?

頼りにしてほしいとって、

何がハードルなのでしょうか?

日ごろの習慣的な関り方も同時に見返していくと、

よりよりよい家族関係のありかたと、

現在のあり方の両方が見えてきます

 

おまけ:質問3 あなたが描く、家族とのよりよいあり方のために、

あなたが出来ることが何でしょうか?

また、それをいつ、どこで、どのように実行しますか?

以上の質問を通して、

あなたが家族の中で一生懸命になってきた役割と、

その活かされ方が見えてきたかと思います

 

家庭の中での人間関係は、

私達の行動パターンや思考パターンの癖に

多大に影響しているにも関わらず、

近しい関係だからこそ、見直す機会はあまりないと思います

 

家族とのかかわり方は習慣になり、

その習慣が私達の行動や思考パターンの土台となります

 

一度ぜひ、あなたの役割がどのように活かされているのか、

家族を通して見直してみてください。

hand-3343738__340

そうすることで、

どのようなあなたの個性が社会の中で

どのように表現されているのかが明確になるはずです

 

そして、あなたにしかない唯一無二の個性によって

救われたり勇気付けられる人がいることも忘れないでください

 

あなたの生きてきた過去は、

あなたの最強の個性の宝庫です

 

ぜひたくさん見つけて、

たくさん磨いて充実した日々を送ってくださいね!

まとめ

●自分の役割を優れた特性、個性として捉える

●自分の特性が家族の中で

どのような役割をしているかチームプレイに例えてみる

●家族ひとり一人と自分の特性がどのように関係しているか、

表現されているかを見直してみる

=======================================

引用元文献、参考

「アダルト・チャイルドが自分と向きあう本」
アスク・ヒューマン・ケア研修相談室 (著)

筆もじメッセージ
渡辺康夫(ことのはソムリエなべやん)
https://www.facebook.com/yasuo.watanabe1


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です