やらないことと出来ないことは違う。自分に許可することで、チャンスが舞い込み自分のタカを外す方法とは?

woman-2692437__340

きっかけのクリスマスイヴの投稿

1週間前に、

今年7月にボランティアをした

ホストさんからメールが届きました。内容は、

「今どこにいるの?」
「まだ旅を続けているの?」


「あなたがうちに来てくれて嬉しかった、楽しかった」
そして、


「クリスマスは一人じゃない?」

santas-arm-1906513__340

その方はフェイスブックで繋がっていなかった方なので、

私のことを気遣って、

もしも私がクリスマスに一人ならば、

うちにおいで、とメールをしてくれたのです

 

もう4ヶ月以上経つのに、このように覚えていて、

気に留めてくださること。本当にありがたいです。

そして、今、家族と一緒に、

身の安全を心配することなく、

温かいお料理を囲めること、健康なこと、

やりたいことに向かって頑張ることが出来ること、

応援してくれる仲間が

世界中にいることにとても感謝しています

 

今日、この日も、寒空の下、電気も安全な水もなく、

明日の食料もなく、温かいシャワーも出ないところで

時間を過ごさざるをえない方たちがいます。

 

 

自分の育った母国に帰れない人もたくさんいます

母国が分断され仲間が争いの最中にいる人もいます

自分の民族的ルーツから差別を受け、

不当な扱いを受けている人もいます。

明日、逃げ出さなければ

投獄されるかもしれない恐怖と

この夜を過ごす人もいます。

people-3277563__340

自分が安心して帰れる国があること、

大切な人が生きていること、

会いたいと思った時にその人に会えること、

これって本当にすごいことなんですよね

 

子供の頃は

クリスマスプレゼントにワクワクしていましたが、

もう、毎日がクリスマスみたいに、

ありがたいものに囲まれているのですね。

とりあえず行動してみて、腑に落とす、自分に許可する

ところで、なぜ私が海外から帰ってきた後、

コーチ・コンサルタントとして本格的に起業をして

熱心に頑張れるのか

 

以前は、やりたい事をやりたーい!と、

がむしゃらに行動に移し、

いろいろ経験してきたものの

本当にそれは良いのか、

やりたい事だけをやっていると

他にも良いものがあるのではないか

 

他にも自分ががんばれるものがあるのではないか、

と迷いながら行動していたのです

 

今思うと、自分の視野が狭いまま

やりたい事を決めることに

納得がいっていなかったのです

 

でも、世界に出てみて自分の視野が広がりました

aircraft-465723__340

老若男女、色んな人生の楽しみ方があって

色んな幸せのなり方があって

「あ、自分がありたい姿って、コレで良いんだ。

コレが好きだ。コレをやって生きていって、

全然オッケーなんだ…!」

sky-3361995__340

と、ある日ストンッと腑に落ちたのです

腑に落ちたと言うか、

自分で腑に落とすことができたのです

 

それはどんなことかと言いますと

ある女性との出会いからでした

自分の可能性って無限大。でもGoサインがないと走り出さない

その女性とはアルバニアのホステルで

ボランティアをしていた時に会いました

 

アルバニアは1990年代まで鎖国をしていた国で、

外国人はもちろん、海外の情報、

海外の商品もつい最近まで流通していなかった国です

ですので、今でも手付かずの自然が残っていたり、

人がスレていないといいますか、なんだか和やかなんです笑

ちなみに、アルバニアってここです↓

 

アルバに

 

ボランティアのホストは3姉妹で

その末っ子のベローナとホステルの受付や

絵を描くことが好きなので、壁に絵を描いたり

内装のリフォームを手伝っていました

 

末っ子のベローナはもう異国の人の話や、

自分が知らない世界の話を聞くことが大好きで、

水戦艦の整備士の人の話を聴いたときに

自分が知らない世界のことが聞けて

とても感動した!と言う話を聞かせてくれました

 

自分が知らないことはもちろん、

こんなにも色んな事を仕事にしている人がいるんだ

その人が頑張ってきたこと、家族のこと、

異国での文化の違いのこと、

人に対する様々な優しさの形のこと・・・

 

全てのことがとても刺激的で、

彼女にとってはホステルに来るお客さんから聞く話は全て

未知の世界のことでした

filepict-1406043909

(彼らが運営するホステル
手前右に座っているのはベローナの夫ユーリ)

ホステルのお客さんのことを話すベローナの目は

それはもうキラキラしていました

 

そうか、私は日本にいて、

知ろうと思えば知れること、

人に会おうと思えば会えること

英語を駆使して、

世界でも信用度の高い日本のパスポートを持って、

行きたい場所にいけるんだ・・・

 

自分、それをやって良いのに、

なぜ今までやらなかったんだろう、と思いました

 

今、自分ができるのに日々の習慣の中に

そのようなことを考える機会がないために

やらないで終わっていただけなんだ

就活とかキャリアとかばかりにとらわれていて

自分がワクワクするものって何だろうと

考える機会がなかっただけなんだ

design-3049025__340

出来ないんじゃない、

やろうとしなかっただけ

 

自分が出来るのに、やらないから、

自分で勝手に、

「自分には出来ないんじゃないか…」と思い、

いつしか=(イコール)出来ないもの

に仕立て上げていただけなんだ

と思いました

 

じゃあ、やろうとしたら、

もっときっと出来るはず

 

そして、やる、と決めたとたんに

自分の必要なことが明確になってくるのです

繋がるべき人が現れるんです

面白いですよね

love-1672154__340

やっていいんです。やりたい事。

許可をして、受け取る準備をする

 

許可が出来ていないから
頭の中で「無理なもの」「不可能」

として
打ち消してしまうのです。

チャンスが来ても
尻込みして受け取れないのです。

というか
いつもチャンスは来ているし、
いま、すでに、そこに、あるのです。
そして、それを受け取らないで

無難に
「みんなの言う叶いそうもない成功」という
夢物語を描こうとしているだけなのです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

誰かのブログで紹介されていました

心理カウンセラー心屋仁之助さんの言葉です

許可が出来ていないから、

チャンスがあっても

受け取ることが出来ていないんですね

 

フランスの生化学者、ルイ・パスツールは言います

Chance favors the prepared mind.

「チャンスは、その準備を整えたところに舞い降りる」

 

チャンス君は用意が出来た人、

自分を受け入れてくれる人のところに

よろこんで来たいのだと思います

 

私達も、自分を受け入れてくれるか

分からない人のところには

喜んで飛び込みたくないですよね笑

 

あなたが受け取りたいもの、

どんどん笑顔で受けって行きましょう^^

woman-2692437__340

さぁ皆さん、来年はどんなに一年にしたいですか?

 

まとめ

●自分の「あたりまえ」は有難いことに満ち溢れている

●自分のやりたい事を許可することで、チャンスを受け取る準備が出来る

●チャンスは受け取る準備が整った人が大好き

====================================

参考元
「世界に誇れる日本人の心配りの習慣34」三枝理枝子著(中経出版)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です