営業でつまづく人は棒高跳び型

46035954_10156864880553817_8022552210854379520_n

営業でつまづく人は
棒高跳びスタイルの人が多い

話を聞いてもらえない、

何を聞いていいのか
言っていいのか分からない、
などの悩みを聞きます。
これが悩みとして
表面に出てくる背景に、
はじめにいきなり

自分の商品を売る、

ことをやっているから
だと感じています

はじめに取り掛かる
ステップは売ることではなく、
相手を理解することです

あなたは、ケーキ屋さんです。

ケーキ🍰を売りたい。

目の前の相手がもし、
ちょうど
スイーツビュッフェの帰りで、
今、お腹がいっぱいだとしたら…

いきなりケーキ🍰
勧められたら、
どう思うでしょか?

断られそうですね^ ^;
お腹いっぱいですからね

相手が欲しいのは、
なんでしょうか?

ケーキよりも、
糖質を即座に分解するお茶🍵
などがあったら、

「ちょうどいいわ

と買ってくれるかも
しれませんね❗️

相手は何を求めている?

相手が喜ぶのは、
欲しいものを手にした時です

それが、見えていますか?

あなたは、
自分の見込み客さんが
何を欲しがるか?

理解しておく必要があります

はじめに大切なのは、
相手は、何を考えているのか?
どんな状態なのか、
横にいて、
話を聴くことです

そして、相手を理解し、
相手が欲しいものをわたし、
信頼関係をつくること。

こんなかんじで、
一つ一つのハードルを
一緒に超えていきましょう^ ^

会っていきなり、
プロポーズしたりしないように、

いきなり売ろうと
しないでくださいね^ ^

いきなり売ろうとして
影響を与えようとするから
苦しくなるんです。

自分にも、相手にも
それはストレスです
_| ̄|○

会う→売る(影響を与える)

ではなく

会う
→相手を知る
→自分を知ってもらう
→売る(影響を与える)

の順番ね^ ^

コーチングでよく、
「相手を理解することの大切さ」
が説かれていますが、
喜ばれる営業も同じなんです。

いきなり、
売ると苦しいぞ^ ^;
いきなり
棒高跳びするんじゃなくて、
ハードル走で一つ一つ、
相手と一緒に超えて
いきましょう^ ^


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です