お客様が喉から手が出るほど欲しいものとは?

ダウンロード

商品が完全でないから、

なかなか力強く提案できない…
自分が提供する商品や、

商品に関する知識に自信がないから

なんだかお客様に申し訳ない…

 

このようなお悩みを持つ方に、朗報です。
商品は完全であろうと

なかろうと、

お客様が満足して

買っていただくことは出来ます。

 

さらに言うなら、

ぶっちゃけお客様は

商品は何でもいいと思っています。

お客様はあなたの商品はいらない!?

これを、私が聞いたときは、

なんですとぉ~~!?!?!??!?

((((((ノ゚⊿゚)ノ

と思いました。
思いだしてみてください。

 

福袋のことを。

a52a07b61a8953327d7238809058a527
福袋って、何であんなに

買う人が後を立たないのでしょうか?

お得だから?

それもあるかもしれません。
年始限定だから?

それもそうかも。

でも、

最近は、年始に限らず、

福袋を販売している店もありますね^^
なぜ、

詰め合わせの内容も

自分が好きな中身かも

分からないのに、

3,000円、5,000円、

10,000円、30,000円と、

財布の紐を緩める

日本人の多いことか・・・

(チコちゃん風w)

 

お客様は、福袋の、何を

買っているとおもいますか?

 

福袋を得た瞬間、お客様は

何を手に入れていますか?
お目当ての商品、、、

ではないですね。
何が入っているのか、

分からないんだもの。
福袋を買ったら、

自分は、どうなりそうですか?

そう、

ドキドキわくわく、

といった感情を

手に入れられそうですね^^

motivation-721821__340

商品は、究極はどうでも良くて、

お客様はあの福袋を空けた瞬間の、
「あー!こんなものが入っている!

あれは入ってなかった!

あんなものも入っている!」
といったワクワク♪が欲しいのです。

 

つまり、

自分の未来の感情

が欲しいんです。
だからね、

あなたの商品が完璧であろうと、

なかろうと、

お客様には関係ないのです。

 

自分の欲しい未来の

感情が手に入れば、

お客様はお金を払いたくなります^^

 

そう、お客様が欲しいのは、

商品ではなく、自分の感情。

 

だからこそ、

相手がどんな感情を

欲しがっているのか、

理解することが大切です^^

 

ぜひ、年始に身近な方が

お買い物をしたさいは、

そのお買い物を通して

相手は何を買っているのか?

を想像したり、
聞いてみたりしてみてください^^
営業のポイントが分かるはずです♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です