オンラインでの営業・商談に強いがこっそりやっていること

ipad-820272__340

もしあなたが

オンラインでの営業・商談に

力を入れていきたいのであれば、

この記事は必読です。

今後もオンライン化やSNSの活用など


経済活動の様式の変化や


経済危機に耐える力を付けるには、

お客様を得る努力だけではなく、


お客様を〇〇する努力が、


今後一層大切になります。

最近、とあることに


驚かされる事が多いです。

それは、

お客様を得て

それなりに売り上げが立っている人でも

 

お客様を育てる

ということをやっていない

 

もしくは

知らない

という人が、

意外と多いということ。 

これはどういうことかというと、 

お客様を得ることはできている、

ので、

買ってくれるお客様は、

いるけれど、

未来に買ってくれる

お客様候補がいない、

ということです。

これは、いわば、収入の糧を、

計画がない状態で

やりくりしている状態です・・・

 

極端ですが、原始時代に例えると、、、

 

ご飯になるマンモスがたまたまいたら

狩ることができてご飯にありつけるけど

 

マンモスが見つからなかったら

ずっと探し続けて

飢え死にするかどうかって

わからない不安な状態(_;

そ、そんな怖いこと、

ビビリーの私には、できましぇん><

リアルで会う場合には、


紹介で繋がったり、


交流会で知り合った人からつながるなど、

知っている人の分だけ、


入口が多くある人も


いらっしゃったと思います。 

 

ただ、

売りたい人に売れるリアルとは違い、 

オンラインでは

不特定多数の人に届きます。

ですので、

誰にどんなメッセージとして届いて、

どう伝わっているのかは、

相手の表情が見れるわけではないので

発信者側は目には見えません。

 

顧客のニーズ理解や

時間をかけての試験的な試行錯誤や

お客さん候補への

頻度が高い露出は必要です。

 

目に見えないながらも、

計画性を持ってタネをまき、

太陽と風を浴びさせて

水をまいて雑草を取り除いて

育てていくことが大事です。 

でも、

難しいことではないです^^

 

特に、すでに

「お客様を得る」

ということができている人であれば

 

「お客さんを育てること」

は、実績がすでにあるので

比較的、簡単です。

実績があることを、

再現性が出るように

仕組み化するだけです。

是非、

やっておいていただきたい!!!!!

 

普段から信頼の残高を貯め、

お客さん候補を育てていることで

今までにないことが起きた時にも

安心できる体制が作れます♬

そんな状態をあなたには


作っておいてもらいたいと思うのです。

 

とあるリサーチで、

こんな結果が出ています。

 

新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、

今後のビジネスにおいて重要なことを尋ねた結果、

最も多かったのは

「デジタルにおける顧客とのコミュニケーション」

58.9

これに次いで、

「状況の変化への素早い対応」

56.2%、

「顧客との関係性強化」

50.1

「デジタルでの営業・クロージングの強化」

46.4%が続いています。

 

引用元:https://markezine.jp/article/detail/33360

 

やはり、

SNSやデジタルツールを使った

オンライン上での

営業活動への転換は急務ですね~

 

・・・でも、、、

 

「オンライン化をしたい、

 でもどうしていいのか

 わからない、、、」

 

そんな方に、朗報です!

 

有事の時でも売り上げが崩れない

原理原則の秘密が手に入るセミナーが

1214時からあります^^ 

コロナのあおりを受けなかった

3人が赤裸々に実体験を語ります!

満席にならないうちに

お席を確保しておいてください^^

<詳細・お申し込みはこちらへ>

https://prismgate.jp/lp/12918/

今後、

しなやかにオンライン化を行いたい人、

どんな時代も切り抜けられるモデルを

作りたい人は必見ですね!

あなたは

「今までと同じ」を繰り返しますか?

それとも、このオンライン化を機に


長期的に安定する

SNSやオンラインツールを使った

事業化への一歩を踏み出しますか?

未来は、あなた次第で変えられます^^

 

オンライン化でも有事でも

売り上げが変わらない人、崩れる人。

でした!