SNSを通じてお客さんにできること〜「時間」を与えるという価値提供〜

laura-fuhrman-73OJLcahQHg-unsplash

あなたはきっと、

お客様にサービスを買っていただくために、

常に商品の価値を上げる努力を

行っていることでしょう。

ポイントは2つ

あると思っています。

1つはより中身が質が高い商品にすること。

 

より専門知識をつけようとしたり

サービスの質の向上を行うことです。

もちろんそれも大変重要です。

 

もう1つは、実は、

あまり知られていないようです。。

 

でもこのもう一つを高めることで、

あなたの商品や

あなたはそのままでいながら

売り上げがぐんと

伸びることはよくあることです。

 

2020年も半分が過ぎましたね〜^^

時が過ぎるのは早い!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さて、本題です

最近、いろんな方と話をしていて、

「商品が売れない

商品に魅力がない」

 

と思われている方が多いようです。
 

でも実はそうではなくて、

原因は、冒頭でお伝えしたもう一つのことが

原因であることがよくあります。

それは、

知られていないだけ

である、ということです。

 

これ、結構あります^^;

 

 

マクドナルドの看板を見て、

ハンバーガー屋さんだと

気づく人は多いはず。

これは、あのMのマークを見て

多くの人がCMやチラシや口コミで

ハンバーガー屋さんだと

わかっているからです。

この、マックの認知度が

100点だとしたら

あなたの商品の認知度は難点でしょうか?

それが5点ならば、

残りの95点を埋めるだけで

お客さんが買ってくれるように

なる可能性が高いということます。

商品はそのままでも、いいのです。

 

すぐに壊れるような

粗悪な質の商品でも、

たくさん売れている商品って

ありますよね。

でも、こだわりの商品や

質が高い商品でもなかなか知られず、

売れずに業績が

悪化している会社もありますよね。

 
知られるようにする
努力をするということは、
売り手が、お客さんに
届きやすくする努力をしている、
ということ。
つまり、
お客さんが調べる手間や時間を
売り手が省いてあげている、
という事になります。
これは、売り手が
「時間」
という価値を
買い手に提供していることになりますね。
お客様に知られるということはそれだけで、
相手に価値を提供している
ということになるのです。
 

商品はあるけど

知られていないのならば

 

それだけでお客さんに

提供できる価値を

自ら放棄しているようなものです。


「知られる」こと

これだけで

お客様に価値を提供し

売り上げも伸ばせます。

 

良い商品づくりの努力も大事ですが

 

せっかくの商品を知られる努力も

是非行ってみてください^^